復縁で関係を悪化させ元恋人を遠ざけてしまう失敗例

どんなに相性の合う2人にも、破局が訪れることがあります。
別れたくないという思いから、彼にすがってしまっても、
相手に復縁する意志がない時に、それをもちかけてしまったのでは、
ますます関係を悪化させてしまいます。
だからといって、無理に忘れたり諦める必要はありません。
タイミングと自分磨きによって、復縁できる可能性もあります。

 

 

別れてすぐに連絡をとりたがる

別れたのに、すぐに連絡をとろうとする人も多いようです。
彼の方に別れる気がなかった場合のケースならば、
それで復縁することもありえますが、
大体は、別れた直後に連絡をとり続けることは、
復縁の可能性を低くしてしまいます。
お互いに冷静になるまで、連絡は控えた方がよいでしょう。

 

 

恋愛話はタブーです

別れてからも、お互いに連絡を取り合うほど関係が修復してきた時に、
「好きな人はいるのか」
「新しい彼女はいるのか」
などと、相手の恋愛事情を聞こうとすることはやめましょう。
それを聞く事で、自分にまだ未練があるのだと気付かれてしまい、
一気に警戒されてしまうおそれがあります。
自分が復縁を考えている事を悟られず、付き合いを続けていき、
しかるべきタイミングで告白する事に意味があるので、
相手に感情を気付かれるような行為はやめましょう。

 

 

過去の話は逆効果な場合も

復縁を考えている相手に、
付き合っていた頃の思い出話を、やたらしてしまうのはやめましょう。
思い出の場所や、思い出の品物など、
つい、そのような話をしてしまう機会は多いと思いますが、
相手に、「過去を思い出させて復縁しようと思っているのではないか」
と思われてしまい、これも警戒されてしまう可能性があります。
懐かしさからそのような話をしたくなりますが、我慢しましょう。
逆に、彼の方からそのような話が出るようになれば、
2人の関係は良い方向に向かっているのかもしれませんよ。

 

おわりに

復縁したいと考えるばかり、あなたの中で彼ばかりになってしまっていませんか。
あなたが別れたときから何も変わらないままならば、復縁の可能性は遠ざかってしまいます。
これを良い機会だと思って、じっくり自分を見つめなおし、
自分磨きなどをして人間として成長することも必要です。
そうすることで、生まれ変わったあなたと、
もう一度付き合いたいと、彼も思うかもしれません。
彼のことばかりを考えるのではなく、
そうやって、自分を真正面から見つめなおす事が、復縁を近づけます。

復縁体験談