復縁を望む人が絶対に守るべきルールとは

恋愛には、いろいろな側面があります。
双方の気持ちが通じ合ってハッピーな時もあれば、すれ違いが生まれたりふとしたことで傷つけあうこともあります。
あいにく負の要素が上回ってしまったら、恋が終わりを迎えてしまうのです。
恋人との別れを悔やみ、できれば復縁したいと考える人は少なくありません。
ここでは、復縁を実現したい人が守るべきルールをまとめました。

 

 

復縁の困難さを自覚する

別れた恋人とやり直したい時には、「一度付き合った相手だから、アプローチも復縁も簡単だ」と思いがちです。
しかし、その相手とは互いにいいところも悪いところも知り尽くした上、感情の落差ができて別れたわけです。
そうしたマイナス要素があるため、すんなりと交際を再開するのは難しくなります。
むしろ、全く別の相手とまっさらな状態から恋を始める方が簡単だといえるほどです。
マイナス要素をはね返すには、かなりのエネルギーが必要です。
「どんな犠牲を払ってでも彼と復縁したい」と思えるなら、再度アプローチする価値はあるでしょう。
ただし、「やっぱり一人ではつまらない」「恋人と呼べる存在がいないとみっともない」という理由で復縁を考えているとしたら、じっくり考え直すことが大切です。

 

 

自分をしっかり見つめ直す

恋人との仲が壊れた場合、その半分の原因は自分自身にあります。
ですから、彼だけに責任を押し付けず、自分の行動や言葉使い、対応、性格などをしっかり見直す必要があります。
「知らないうちに彼を傷つけていなかったか」「自分のあんな言動が彼を不安にさせていたのではないか」
このように反芻すれば、自ずと原因が見えてきます。
そして、今後自分の欠点をコントロールできるかどうかを検討するのです。
もしそれが困難だとしたら、また同じことの繰り返しとなるのは目に見えています。
自分自身と過去をからめて考えつつ、将来についてのシミュレーションを行いましょう。

 

 

相手の近況を把握する

別れた恋人との復縁を考えるなら、まずは相手の近況を把握したいものです。
彼は現在、どんな日常を過ごしているのか。
仕事やプライベートは順調なのか。
他の女性と親しくなっているのか、まだ独り身なのか。
こうした情報を得ておけば、復縁のアプローチができるかどうかを判断しやすくなります。
もし共通の知人や遊び仲間などがいるなら、間接的に彼の様子を知ることができるはずです。
そうした情報提供者がいない場合は、挨拶代わりに短いメールをしたりして、徐々に動向を探りましょう。
仮に彼が多忙だったり、すでに新しい彼女がいたりすれば、復縁を望むのは困難となります。
彼の方に受け入れる余地がありそうなら、友達としてのスタンスで近づくのがベストです。
焦って復縁話を出せば、彼に警戒心を抱かせ、復縁そのものが遠ざかることとなります。

 

 

おわりに

恋愛の中身や別れ方は千差万別です。復縁にあたっては、それぞれに最適なアプローチを考え抜かなければなりません。
今回の話をヒントにし、自分なりの復縁を形にしてください。
それによって、自分の成長や変化を実感できることでしょう。

復縁体験談